骨に異常は〇〇!?

看板

『ほねつぎ』という看板があるからなのかな?
そもそも接骨院や整骨院のイメージなのか?

良く言われる言葉

「骨には、異常ありませんでした」

皆さんも言ったり、聞いたりしたことあると思います

レントゲンを整形外科などで撮影し、医師の診断後だと思います

きっと診察した医師は「骨には異常ありませんでした。○○です」と言っていると思います

ですので「お医者さんに何て診断されましたか?」て聞くと

「ん?何だったかな?」と言う場合が多いんです

 

「脚の長さが違う」「骨盤が曲がっている、歪んでいる」「骨盤矯正」「産後骨盤矯正」などなど

だいぶ少なくなってきましたが、よく聞く言葉

これは、骨に異常ありそうな言葉ですね

骨が曲がったり、歪んだり、長さ違ったりしているわけですから、骨の異常ですね

でも骨の異常のはずなのに、骨盤や脚のレントゲンを撮る人、いないんですよね

まず、医師が、「骨盤が」とか「脚の長さが」なんて診断する事無いと思います

レントゲン取って医師が「骨盤が」とか「脚の長さが」なんて診断する場合、きっと専門医療機関を紹介されると思います

産婦人科医や助産師で「産後の骨盤矯正治療します」なんて言われたことも無いと思います

不思議ですし面白いですよね

 

「骨に異常はありませんでした」の後「〇〇でした」という言葉

ここが重要だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。