薬 過剰摂取 中毒

面白い記事が載っていました

きっと

・私は、そんなことしない

・私は、量を守っている

・私は、大丈夫

など

色んな理由をつけて、自分は大丈夫!と思い込んでいる人

多いと思います

 

当院に初めて来院される方、たま~に来院する方など

話を聞くと

・鎮痛剤飲んでて

・湿布貼ってて

なんて話聞くこと多いです

 

手軽に、気軽に、薬を始めて

薬が効かなくなり

量や回数が増え

薬が手放せなくなる

もう立派な中毒者です

 

もし、自分の身体が薬に慣れて、耐性ができ

命の危険があるとき

通常の薬の量で効かなく

そのせいで、生死をさまよったら

 

後悔する前に本人の意識がなさそうですね

 

薬の影響が自分の子供に出てきたら?

 

色々な危険性を考えると

薬に頼るのは

本当に自分の命の危険があるときに頼るのが一番です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です