接骨院?整骨院?整形外科?

接骨院?整骨院?整形外科?何が違うの?
よく聞かれます
・交通事故に遭い、痛みが出てきた
・荷物を持って腰が痛くなった
・運動して怪我した など
怪我をした時に
「病院と整骨院どっちに行った方がいいんだろう?」と思った事がある人、多いと思います
「とりあえずは整形外科に行こう!」と思い、整形外科に行くと、レントゲン撮って、湿布と痛み止め貰って、「ん?終わり?」と思う人もいると思います
「怪我は接骨院でしょ!」と思い、接骨院に行って治療してもらって治った人も多いと思います
接骨院と整形外科の違いは何でしょう?

1.整形外科とは?
整形外科とは、医師が診察をし、レントゲンやMRI、CT等の画像検査を行い、診断を行う医療機関です
病名を確定させる事が医師、病院です
診断後、病態に合わせて処置、投薬、注射、手術を行います

2.接骨院とは?
接骨院とは柔道整復師という国家資格保持者が施術を行います
「ぎっくり腰」「腰痛」「肩の痛み」「寝違え」「肉離れ」「靭帯損傷」「むちうち」など、日常生活や交通事故、スポーツで起きた突然(急性)の痛み、外傷の痛みを薬等に頼らず治療します

3.保険の違いは?
接骨院も整形外科も国の保険適応ルールに沿って「急な痛み」「原因のある怪我」を治療する物理療法(電気療法、光線療法、温熱療法、冷却療法)、運動療法などの後療法や、整復法、固定法となります

*接骨院、整骨院、整形外科ともに「肩こり」「マッサージ目的」「慰安行為」は保険適応外です

4.接骨院と整形外科、どちらがいいの?
患者さんに求めるものによって違います

「整形外科」の場合
・病名が知りたい
・薬を処方して欲しい
・画像検査をして欲しい など

「接骨院」の場合
・病名を知りたいのではなく、痛みの治療がしたい
・整形外科で検査して、異常なしと言われたが痛みがある
・交通事故の治療をしっかり行いたい
・薬など飲みたくない
・手術したくない など

*接骨院、整骨院、整形外科とも保険適応範囲は同じです
それぞれの整形外科、接骨院、整骨院の痛みに対する考え方で、自由診療によるアプローチの方法が違います
また、医師でありながら接骨院の治療に興味を持ち、積極的に勉強され理解され、患者さんにアプローチする先生もいらっしゃいます
患者さんの為、色々な垣根を超え勉強している先生もいます

まとめると
会社や警察などに診断書を出す、病名が知りたい、薬を飲みたい、湿布を貼りたい など の人は整形外科ですね
病名より痛みを治したい、薬は飲みたくない、湿布じゃなくて、ちゃんと治療したい など の人は接骨院ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。